スマートフォンのバッテリーのもちについて

スマートフォンは、いろいろな機能を搭載しており、大変便利ではありますが、その半面バッテリーのもちに関してはまだまだ改善を望む事がたくさんあります。私が現在使用しているスマートフォンは、エコモードを使用しない場合だと、何もしなくても1日もちません。

エコモードを使用することによって、やっと1日使用することが出来ますが、特にメールやインターネットを頻繁に使用すると、仕事終わりの頃には充電が無くなってしまうのが現状です。
ですので、対策として予備のバッテリーを常備するようにしています。2つ持つのは、とても面倒ではありますが、スマートフォンを使用しない訳にもいかないですし、緊急の時に電話が使用できなくなっても困ってしまいます。ですので、予備のバッテリーは緊急用として持ち歩いています。

また、充電専用のUSBケーブルをバッグに入れて持ち歩いています。USBケーブルは小型ですし、バッグに入れてもかさばらないので、万が一充電が無くなってしまったとしてもパソコンを持ち歩いていれば充電できますし、会社にいればパソコンにつないで充電をする事が出来る為です。

また、電池を長持ちさせる為に、余計に消費しないように節電が出来るアプリを取り込むことによって、エコモードにプラスして長持ちをさせる助けをしてくれます。
少し前から比べれば、画面の大きさもかなり大きくなり、使いやすくなっていたり、便利な機能が満載になっていますが、その分どうしても充電が減りやすくなっています。
しかし、最近出てきている機種はこれらに合わせて、電池容量を大きくするなどして対策が施されています。